忍者ブログ
センチュリー21という不動産会社の加盟店の社長が書いているブログです

前回「組織というもの」というタイトルで

日記を書かせてもらいましたら

意外に好評でした






いわゆる上司と呼ばれている人たちから賛同が多かったようです



私はあまのじゃくですので

そういわれると

違う視線からもお話をしようと思います




不動産の営業マンは

数字が良ければ行動の制限が甘くなり

数字が悪ければ厳しくなります




もちろん数字とは個人業績の事です






自分の得意な営業手法で数字を上げるためには

行動の制限がないほうが有利です




しかし

一度でも数字が落ち込めば

上からアレコレと時代遅れな営業手法を指示されます

大好きな上司は多いですよね

社長の前の会社にもいました




ただでさえ落ち込んでいる者に

時代に逆行した営業活動を強制する者は多いようですが

頭には脳のかわりに肉まんでも詰まっているのかも知れません






より落ち込んだ営業マンは

もっと指示をされるようになり

営業活動の見直しを迫られます




時代遅れな営業手法を強制され

より確実に落ちていきます






強制仕事を消化するだけの日々となります

こうやって営業マンは落ちていくのです






1ヶ月ダメだった事がキッカケとなり

つまらぬ指示をされて2ヶ月経過・・

もっとつまらぬ指示をされて3ヶ月経過・・

エンドレスで続きます






しかし

指示通りに動いているのに数字が上がらない場合

直属の上司が無能である事が発覚しそうなものですが・・

そうなる前に営業は辞めます






上司は、「適切な指示をしたのですが

本人にやる気が無く指示に従いませんでした。」と上に報告すれば

上司の責任回避が完結します






私の知る限り

上司に救われた者より

上司に潰された者のほうが数倍は多いと思います






業績が悪いのは自分の指導力不足・・

と思っている上司などいません




自分は有能だが

部下が無能と思っているのです






自分は反省せず部下に反省をさせる・・

これが日本のビジネス社会です

これに慣れないと、いつまでも大人になれません

拍手[4回]

PR
この記事へのコメント
name
title
color
mail
URL
comment
pass   Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字

secret(※チェックを入れると管理者へのみの表示となります。)
プロフィール
HN:
大森で働く社長
性別:
男性
職業:
不動産仲介会社経営
趣味:
バイク、パソコン、ゲーム
バーコード
カレンダー
05 2017/06 07
S M T W T F S
1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30
カウンター
最新CM
[03/31 トラジ]
[02/10 匿名希望]
ブログ内検索
アクセス解析
Copyright © 大森で働く社長ブログ All Rights Reserved.
Powered by NinjaBlog  Material by ラッチェ Template by Kaie
忍者ブログ [PR]