忍者ブログ
センチュリー21という不動産会社の加盟店の社長が書いているブログです

以前、私がサラリーマンでマンションの販売をしていた頃

よくほかの営業マンから聞かれた質問があります…







 

「どうしたらそんなに売れるのですか?」

とか

「何かいいセールストーク教えて下さいよ。」

などというものでした






どうして自分が売れるのかを

私も必死で考えたりしました






考えた結果

当時はよくわかりませんでした




部下を持つようになってからは

どうしたら

私のやっていることが

部下に伝わるのかがわからなくなって

悩んだりしたこともありました




あるとき出た答えは

言葉は1つの道具 常に万能なわけではない

ということでした




別に、何も高飛車に

「私の技術を真似できるわけないだろ!」

というように考えて答えていたわけではありません




ただ

「セールストークをマニュアル化して数字を出すことができたら

誰も苦労しないよ」

とは正直思いました




全ての人たちに

同じフレーズで理解してもらうことは

絶対に不可能だと思います




他愛のない言葉からも

真意が汲めるほど頭のいい人

判断力に優れた優秀な人間ばかりであれば

どのような表現を使おうとも理解されるでしょう



しかし

なかなか現実的にはそのようなわけにはいかないです







今でも気をつけているのは

どのように伝えるのか」です




例えばこうして書いている文章も含め

私が伝えようと思っていることが本当に伝わるものなのか


正直わからないところではあります




しかし



「どのように伝えるべきか」



ということは



伝える際に必ず相手をよく認識しながら話す

ことであって

人とのコミュニケーションの中で最も重要なことであると思います




これがなければ、会話は一方的となり

相手の理解を得ることが困難となってしまいます




そして話し手としては伝えた気になっているものの

実はちゃんと伝わってないという事態も頻繁に起こります




つまり

接客にしろ、上司や部下との会話にしろ



相手に理解や満足を求める以上は

そうした気遣いや工夫が不可欠であると思います







『どのように話すかは、話の内容と同じくらい重要である。判断力を持っている人間よりも、耳をくすぐられて喜ぶ人間の方が多い。』
               
               Chesterfield
               (イギリスの政治家)

拍手[3回]

PR
この記事へのコメント
name
title
color
mail
URL
comment
pass   Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字

secret(※チェックを入れると管理者へのみの表示となります。)
無題 
言葉は難しいですよね(^_-)
私も話す前にシミュレーションをたくさんします。。
misakirin 2008/04/06(Sun)17:30:46 EDIT
無題 
コメントありがとう

当たり前のことを当たり前にやる人って

すごい人ですよね

話す前のシュミレーション私も真似させていただきます
大森の社長 2008/04/06(Sun)17:38:20 EDIT
プロフィール
HN:
大森で働く社長
性別:
男性
職業:
不動産仲介会社経営
趣味:
バイク、パソコン、ゲーム
バーコード
カレンダー
10 2017/11 12
S M T W T F S
1 2 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30
カウンター
最新CM
[03/31 トラジ]
[02/10 匿名希望]
ブログ内検索
アクセス解析
Copyright © 大森で働く社長ブログ All Rights Reserved.
Powered by NinjaBlog  Material by ラッチェ Template by Kaie
忍者ブログ [PR]