忍者ブログ
センチュリー21という不動産会社の加盟店の社長が書いているブログです

新築分譲マンションの話






・・広いエントランスホール

子供が遊べる共有施設

ゲストルーム

ミニシアタールーム







・・・それって得なのでしょうか?









敷地に対する容積率には限界があり

その範囲で建築しています

共有施設が増えれば専有面積が減ります







どちらが増えて、どちらが減っても、

延べ面積の限度は同じです




販売価格が同じなら専有面積が広いほうが得ですね






遊び心でレンタブル比を下げすぎると

狭いマンションなのに割高・・となるのでは?






共有施設の建設費は分譲価格に含まれますし

共有施設の維持費は管理費に上乗せです






来客のいない人にはゲストルームなど不要ですし

子供のいない人には子供の遊戯施設は不要です

それに、今3歳の子供がいたとしても

20年後には大人になっています






ミニシアタールーム?

・・そんなもん最初の1回か2回で飽きるのでは?







共有施設を削り過ぎても味気ないマンションになってしまいますが

過剰な程にいろいろあっても無駄なのです







日々の生活をする中で、ある程度の専有面積は必要です

同じ金額なら、無駄を省いて少しでも専有面積を広くしてくれたほうが親切です






地味でも無駄のないマンションを作り

「買って良かったわ!」という評判が信用につながり

過剰な宣伝をしなくても完売する








・・そんな分譲会社が生き残れば良いと思います

拍手[2回]

PR
この記事へのコメント
name
title
color
mail
URL
comment
pass   Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字

secret(※チェックを入れると管理者へのみの表示となります。)
この記事へのトラックバック
TrackbackURL:
プロフィール
HN:
大森で働く社長
性別:
男性
職業:
不動産仲介会社経営
趣味:
バイク、パソコン、ゲーム
バーコード
カレンダー
10 2017/11 12
S M T W T F S
1 2 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30
カウンター
最新CM
[03/31 トラジ]
[02/10 匿名希望]
ブログ内検索
アクセス解析
Copyright © 大森で働く社長ブログ All Rights Reserved.
Powered by NinjaBlog  Material by ラッチェ Template by Kaie
忍者ブログ [PR]