忍者ブログ
センチュリー21という不動産会社の加盟店の社長が書いているブログです
月に2回プレジデントを定期購読しています


その中で先日、下記のようなキャッチが載っていました


 

「餃子とTシャツと机どれが一番儲かる?」






中身を読んでみると、どうも、「餃子の王将」「ユニクロ」「ニトリ」の3社の話でした



この3社は、今、消費が低迷してると言われるなか

超効率経営で、かなり売り上げが上がっている企業だと言っていました


 

  • 餃子の王将は利益が90%増で61億円
  • ユニクロは利益30%増。しかもブラトップは大人の女性4人に1人が持っていると言われています
  • そして、ニトリは22期連続増収増益と言うミラクルを達成しています


これらはタイトルが面白いのですらすらと読める内容でしたが

注意点がいくつかありました



それはタイトルです

 「餃子とTシャツと机、どれが一番儲かる?」

と言うタイトルは読んで字のごとくです

めちゃめちゃ、「商品中心」なアイディアがベースとなっています


 

 そして、記事の内容もマネジメントが中心の話になっています

「どうやって新規客を集めるのか?」
というような
小さい会社の社長に最も必要な情報は載っていないのです


 

私は

どの商品が儲かるかの予測は意味のないことだ

と思います





商品はもちろん、ビジネスの中で最も重要な要素ではあります


ただその前にもっと大切な要素があるのです


 

 それはお客様です


 

 

つまり

「何を売るか?」

ではなくて

「誰に売るか?」

が大切だと思います




 誰に売るか?

これが決まってから
、次に何を売るかを考えるといいのではないでしょうか?

この順番はとても大切です





その順番を勘違いして

最初から「何を売るか?」を考えてしまうと

とても悲惨な事になります
(もちろん、時にはヒットする場合もありますが・・・・・・・・・)



 

 こう考えたらいかがでしょうか?

餃子を売って儲かるんだったら、何故、王将以外のお店は儲かっていないのか?
Tシャツを売っても儲かるんだったら、何故、他の衣料品店は苦労しているのか?
机を売って儲かるんだったら、何故、家具屋がどんどん潰れるのか?



 

 もっと、言えば、

  • 王将の餃子は日本で一番美味い餃子なのか?
  • ユニクロのTシャツは日本一の品質なのか?
  • ニトリの机は日本で最高の机なのか?



 もちろん、そんな事はないはずです

この3社の強みは、実際は商品以外の所にあると思います




実際、成功しているビジネスのほとんどは

本当の強みは商品そのものにはないのです

例えば、マクドナルドは最高のハンバーガーを売ってるわけじゃないと思います
(個人的にはモスの方が断然、美味い)

でも、世界で一番売れています


 

 少し考えてみました

マクドナルドが、ハンバーガー以外のモノを売ったら成功するか?

ハンバーガーが法律で禁止になって

例えば、マクドナルドがおにぎりの店になったとします



そうだったとしても、私はマクドナルドは大成功するだろうと思います


 

 なぜなら、マクドナルドの強みはハンバーガーではないからです




みなさんがプレジデントを読んで

「家具が儲かる!!」

と思わない事を願います(笑)

拍手[1回]

PR
この記事へのコメント
name
title
color
mail
URL
comment
pass   Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字

secret(※チェックを入れると管理者へのみの表示となります。)
この記事へのトラックバック
TrackbackURL:
プロフィール
HN:
大森で働く社長
性別:
男性
職業:
不動産仲介会社経営
趣味:
バイク、パソコン、ゲーム
バーコード
カレンダー
05 2017/06 07
S M T W T F S
1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30
カウンター
最新CM
[03/31 トラジ]
[02/10 匿名希望]
ブログ内検索
アクセス解析
Copyright © 大森で働く社長ブログ All Rights Reserved.
Powered by NinjaBlog  Material by ラッチェ Template by Kaie
忍者ブログ [PR]