忍者ブログ
センチュリー21という不動産会社の加盟店の社長が書いているブログです

皆さんインターネットのプラウザは何を使っていますか?

 

 

 

 

Google chrome

IE(インターネットエクスプローラー)

EDGE

Firefox

iPhoneの人はSAFARIも 使っています

色々ありますね

私はchrome edge を使い分けています 

 

 

 

 

Chrome

昨年の終盤くらい(2017年後半)からURLの左側に「保護された通信」と表示されるようになりました

(なんじゃこりゃ)

 

 

 

 

 

鍵のマークの右側に「保護された通信」と書いてあり

その右側のURLhttps://  となっています

今まではhttp://だったと思うのですが

アマゾンやフェイスブックやヤフーのホームページもこうなっています

 

これはそのまま「保護されています」という意味です

そして「このサイトはSSL接続されています」という意味です

 



SSLとはSecure Sockets Layerのことです


SSL接続されていると、
ブラウザとサーバー間の通信が暗号化され、第三者による盗聴やなりすまし、改ざんといった行為を防ぐことができます


万が一、第三者に通信が盗聴されても暗号化されているため、その内容は解読できない仕組みです



簡単に言うと、「このサイトは安全ですよ」ということです。

 





この「保護された通信」をクリックすると

「お客様がこのサイトに送信した情報(パスワード、クレジットカード番号)が第三者に見られることはありません」と書いてあります

 

 

 

「保護されていない通信」も当然あります









 

ていうかまだまだこちらのほうが多いです

 

 

これはたぶん1年前くらいからこうなっています

 





現在のgoogleの最新バージョンは55です

このバージョンからSSL接続かそうでないかを区別するためにこうなったと思います





Googleはバージョン56(次のバージョンから)正式にSSL接続していないHTTPサイトを「安全でない(not secure)」と表示することを発表しています

 

 

これからgoogleSSL接続されたサイトを重要視してくるということです

 









個人情報やインターネットバンキング、仮想通貨の発達などを考えると当然のことですね

 

ちなみにナイキのホームページはさらに発展していて企業情報が出てきます

確認してみてください

https://www.nike.com/jp/ja_jp/

 

 

そしてちなみにこんなサイトもSSL接続されていませんでした

 







 

まずはスマホのカメラの位置情報の設定やgoogle homeに自分の声の登録をしないところから始めるべきだと思いました

 

スマホのカメラの位置情報設定からは

撮影位置情報

撮影日時

スマホの機種名

作者名

がわかり、

 

googlehomeの声を登録すると

普段自分が家で話していること

どんなテレビを見ているか

1日の行動

が蓄積されていきます

 

便利にはなってきますが

個人情報を守るのは自分の意識と知識だということを改めて感じました

 

 

拍手[0回]

PR
この記事へのコメント
name
title
color
mail
URL
comment
pass   Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字

secret(※チェックを入れると管理者へのみの表示となります。)
プロフィール
HN:
大森で働く社長
性別:
男性
職業:
不動産仲介会社経営
趣味:
バイク、パソコン、ゲーム
アーカイブ
バーコード
カレンダー
06 2019/07 08
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31
カウンター
最新CM
[03/31 トラジ]
[02/10 匿名希望]
ブログ内検索
アクセス解析
Copyright © 大森で働く社長ブログ All Rights Reserved.
Powered by NinjaBlog  Material by ラッチェ Template by Kaie
忍者ブログ [PR]