忍者ブログ
センチュリー21という不動産会社の加盟店の社長が書いているブログです

6月もあと一週で終わりますね

社長の会社は四半期ごとに締めるんですが

何とか先週に4,5,6月期の目標を達成しました




以前の会社の目標数字は

全社員で一人も達成していなかったのです

今考えるとそんなに高い目標ではなかったのですが

この違いはなんだろうとよく考えます



まだ結論は出ていませんが

やはり自由度の違いなのかなと思ったりもします




当社の社員は目標を達成するために

会社の制限を受けることがほとんどありません


収益物件を紹介しているものもいれば

とにかく媒介を増やしているものもいます

新築戸建てを中心に売り出してもいいし

築浅のマンションばかりご紹介してたりもします



会社の規約よりも

どれがお客さんにとっていいのかをよく考えています

そこが支持されているのかもしれません



よく外資と日本の企業の差をメディアで特集していますが

やはり違いは自由度ではないかと思います




日本の会社はよく怒られます

上司の立場から見ればよく怒ります

そして同じ間違いが起こらないようにしています




一概には言えませんが



外資系の会社はよくほめられます

上司から見るとよくほめます

やる気になれば自ら上達するだろうという考えです






そして怒り得る不測の事態に対して

外資系の会社は徹底的なマニュアルを作ります

マクドナルドがいい例ですよね

最近たたかれていますが

企業としてのマニュアルは非常によくできていると聞きます

ただ権利を日本法人が買い取ってしまっているため

強制残業等の日本方式が出てしまっているのも問題とは思いますが






どちらがいいのかは

これからの世の中が結論を出してくれるのだと思いますが

やはり勝つのはお客さんの方向に目を向けている企業だと思います






ある企業では

社内のプレゼンを通すためには多少のクレームもやむをえない

なんていう会社もあります

こんな会社でお客さんのためになんていう発想は永遠に出てきません







友人の会社の社長さんたちに話を聞くと

センチュリー21の営業マンの中で

優秀な社員と呼ばれる人たちは

やはりCSの立場でものを考えられる人たちが多いです




これからの時代

そういう営業でないと

お客さんから選んでもらえないような気がします








私の考える不動産営業マンの一番の成果は

「紹介」です



紹介営業こそが

誰にもまねできない本当の営業力です

企業側から見てみれば

「口コミ」と考えてもいいと思います



これからの時代は

お客さんに選んでもらえる

「営業マン」「会社」

にならなくては

淘汰されてしまいます





そして紹介をもらえるような営業マン

口コミで選んでいただけるような会社

こそが残っていけるのではないでしょうか?



拍手[2回]

PR
この記事へのコメント
name
title
color
mail
URL
comment
pass   Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字

secret(※チェックを入れると管理者へのみの表示となります。)
この記事へのトラックバック
TrackbackURL:
プロフィール
HN:
大森で働く社長
性別:
男性
職業:
不動産仲介会社経営
趣味:
バイク、パソコン、ゲーム
バーコード
カレンダー
10 2017/11 12
S M T W T F S
1 2 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30
カウンター
最新CM
[03/31 トラジ]
[02/10 匿名希望]
ブログ内検索
アクセス解析
Copyright © 大森で働く社長ブログ All Rights Reserved.
Powered by NinjaBlog  Material by ラッチェ Template by Kaie
忍者ブログ [PR]