忍者ブログ
センチュリー21という不動産会社の加盟店の社長が書いているブログです
[1]  [2]  [3]  [4]  [5]  [6]  [7
日本の人口減っていますね

現在の人口は1億3000万人弱でしょうか?


私の記憶が正しければ

史上最悪の出生率1.29人を記録したのが2003年くらい

そこから若干上がってきてますがまあ平行線です



あるシンクタンクの調べだと

この出生率だと

50年後には人口8000万人

100年後には4000万人

200年後には800万人になるそうです


恐ろしい数字です


確かに日本は人口が多すぎると感じることもあります

面積がそんなに変わらない

イタリア、イギリス、フランスの人口はそれぞれ5000万人くらいです

ただ、人口が多いゆえに起こる悲劇も多々ありますよね


これからどうなってしまうのでしょうか?

GDPも下がる一方だし


まず日本で作るものが世界で売れてないです

売れないものは生産数値にカウントできません


そして何より

人口が減っている国に投資する人は少ないです


だから今の投資対象はBRICSにいってしまいます

BRICSが注目されているのは人口が上昇しているからです


海外から資金が入ってこなくなれば

ファンド、証券、不動産が崩れてきます

国民の資産が減れば国債もこれ以上発行できなくなります

何より消費マインドが下がります


現在団塊の世代といわれる人たちは

現在の不動産売却で若干の資金を得ることができます

そして十分な年金も得られると思います


しかし50代未満の人たちは

ある都心部を除くと

不動産を売却してもローンを返済しきれません

年金も減少していく可能性があります


これだけデフレで価格が下がっているのに

ローン返済ができなくて

不動産を競売(裁判所が代行して行う売却)

にかけられている人が過去最高なくらい多いです


ここら辺も政策に取り入れなければ

日本はよくなりませんよね


私が5000万円の現金を持って

アメリカの1億円の不動産を購入しようとすれば

間違いなく金融機関は資金をノンリコース(不動産担保ローン)で融資します

私がアメリカで働くことができなかったとしてもです


私がローンを返済しないで日本に帰ってしまっても

金融機関はその不動産を処分して回収ができるからです


しかし日本はこういうわけには行きません

永住権のない外国人が

日本の1億円の不動産を

7000万円の自己資金で3000万円だけ借りようとしても

かなりなハードルがあります

まず低所得者では絶対に融資を受けることができません


居住用でこれだけ厳しいのですから

いい投資対象の不動産を見つけても

海外の人が日本の不動産を購入するのにハードルは高いです


結果、投資は少なくなります


以前私の友人の会社が

北海道のスキー場に近い別荘地を

オーストラリアや韓国の人向けに販売して何百億もの販売に成功しました


確かに広いオーストラリアの中で雪が降る場所へ行くのなら

日本へ行ったほうが近いのです

オーストラリアを一周するのと

日本とオーストラリアを往復するのは同じくくらいの距離です

しかし融資の点ではかなり苦労したそうです


さまざまな問題はあるとは思いますが

海外からの資金を入れやすくすることは

絶対に景気に影響します


私たち仲介業者の関係者の中には

不動産価格が上がっても下がっても得をする人たちがいます

ただ、個人的には

少しづつの上昇というのが

一番健全のような気がします

拍手[3回]

PR
最近、不動産のご売却の問い合わせが多いです

もちろん弊社ですから、ネットでの問い合わせです

私は普段19:30頃帰ります

たぶん他のみんなも21:00前には帰宅します


朝は全員で9:20から掃除をしていますが

9時前にほとんどの人たちは出勤しています


私も9時前に来てパソコンを開いたのですが

問い合わせがたくさん入っています



少し紹介すると

22:00 物件問い合わせ
22:01売却査定申し込み
23:58 物件問い合わせ
0:01  物件問い合わせ
0:02 売却査定申し込み
0.16 売却査定申し込み
0:34  物件問い合わせ
1:19  物件問い合わせ
9:01 売却査定申し込み


朝、会社に来て見ると9件の問い合わせが入っていました

ちなみに各営業マン宛に来ている問い合わせはまた別です

会社の代表に来ている問い合わせです

2年前は考えられなかったことです



皆さん朝から大忙しです

9:20から掃除が始まりますので

その前までに何とかメールをしています

全員です


ラスターハウスは2店舗あるんですが

もうひとつのほうもほぼ同じ状況です

ちなみにこのブログの記事は12:19に書いています

昨日の深夜に頂いた売却相談は

既に売却依頼を頂くという報告がたった今入りました





また下記に朝の状況を動画で添付します




 

拍手[3回]

中古不動産が動いています

2010年1月期のセンチュリー21東京都の売り上げが

6億3200万円です


これは約2000億円の取引の仲介手数料です

前年同月比からすると118%です


前年の1月は、数ヶ月前にリーマンショックがありましたので

前々年同月比にすると111%です


いずれにしても1月2月は順調ですね

弊社の2月の取引額は

現在4億円を少し上回ります

購入の案件が8件

売却の案件が4件です



2月は問い合わせ件数が

おそらく300件を超えると思います



賃貸取引に関しては

前年同月比で104%です

そんなに変わらないというところです

ただ、うちの店舗は設立以来

最高益が出ました!!


担当者の方は本当にがんばってくれています




社有物件の売り上げは55%とかなり落ち込んでいます

本当に今、物件が買えないんですよね

これも亀井大臣の発言の影響ですかね?


私たちの店舗は物件の買い取りはそんなにしないので

あまり実感はないですが

買い取り専門の店舗は大変です

どの業者も仕入れが大変だという話をよく聞きます


銀行からお金が出ない上に

物件価格が上がってきましたので

仕入れに高値掴みをしないように気をつけるべきですよね


以上状況報告でした



ちなみに本日21日の日曜日は

14件のご案内が入っています
(営業マンは8人しかいません)

全員協力体制でがんばります
(下記に2:50現在の動画を添付します
ほとんどいませんが・・・・・)


 

拍手[1回]

今年に入って、本当に好調です

正確に言うと

年末からお問い合わせが増えてきて

1月に入ってから爆発しています

1月期はお問い合わせに追われて営業マンが動けない状態でした

12月はまったく動かなかったんですけど・・・・



ちなみに2月7日現在で

購入が5件(一戸建て1件マンション4件)

売却が2件(一戸建て1件、マンション1件)

合計7件が既に成約しています
(本日の契約予定を含みます)


ご購入のお客様も、価格交渉を売主様としている最中に

満額で他の人に同じ物件を買われてしまうことが続きましたので

なかなか物件の値引きができない状況です


今の営業マンの課題は

とにかく物件の在庫状況を頻繁に確認するのが絶対条件です

午前中に在庫確認して、在庫があった物件が

午後案内をしている最中に成約してしまっています


お客様を案内中も携帯電話等で

何度も確認している営業マンが目立ちます


あまり忙しくなると

お客様のフォローが手薄になってしまわないか心配です



ちなみに賃貸も好調です

今月は設立から最高益を出す勢いです

地方在住の人からの問い合わせで

大田区周辺の高額賃貸を申し込む流れが多いです

今年の4月からの転勤にあわせての申し込みの方ばかりです


要望物件もクオリティが高い分譲賃貸ばかりです

当社の媒介物件も2月に来て問い合わせが多いです

我々もオーナーさんに胸を張ってご報告できます




今はよく不景気といわれています

それもすごく分かります

ハローワークやマイナビ、リクナビからの当社への入社希望の方と

かなりの数面接しています

一番多いのが前職の倒産、リストラ、大幅な給料減額です

皆さん真剣です

すでに今年の面接人数は40人を越えています

彼らの話を聞くごとに不景気を実感します


ただ、それとは別に購入する人たちはまったくそんなことはないです

住宅営業の仕事をしていると

今、どの職種の方が景気がいいのかよく分かります

まったくローンを組まないかた
(業界では現金買いといっています)

も非常に多いです


いわゆる二極化の状況が進んでいるように思います

これから先

日本国民全体が豊かになるようなことはもうないのかもしれません



話は変わりますけど

昨日は当社に入社した2人の新人のために

夜7時から

ささやかな歓迎会をいたしました

大変盛り上がったので楽しかったです


しかし

駅前の普通の居酒屋さんでやったんですが

がらがらでした

大森に関しては飲食店は壊滅状態です

最近は何人で行くとしても予約は必要ないです




このまま行くと

商店街も外国資本のお店に総変りなんてこともあるかもしれません
(マクドナルドやスターバックス等)



我々にも言えることですが

お客様のニーズに合わせた商売

が必要です

日本の商品がまったく売れずに外国の商品が売れているのも目立ちます

アイフォーンが売れていたり、IPODが売れていたり

その割りに日本のパナソニックのMP3プレーヤーはまったく売れていません


去年韓国のウォンが急落しました

そのときにサムソンが得た利益は計り知れません

韓国で作ったものが世界で高く売れるからです

サムソンの市場は世界です

日本の5大メーカー(東芝や日立、松下など)の市場は日本が多いです

彼らは世界では受け入れられないものばかり作っています

いわゆる高性能ですが価格も高いものです


サムソンやアップルは

価格が安く、性能はある程度、そしてデザイン性が高いものを作っています

そしてBRICS(ブラジル、ロシア、インド、中国)や

東南アジア、アフリカの市場を制覇しています


日本の5大メーカーの利益をすべて足しても

サムソンの利益の半分も行きません

韓国という国内需要が少ない国のメーカーのため

サムソンは世界に目を向ける選択しかなかったのではないでしょうか?


日本は内需が大きいので

世界を視野に入れていなかったのだと思います

その結果が現在の状況なのではないでしょうか?


大手企業の利益は減り、リストラが増え・・・

またデフレスパイラルです

そこに民主党は企業に環境税を取り入れて

さらに世界競争力を弱めようとしています


世界のニーズを取り入れるのは非常に重要です

日本の喫茶店はいつでもすいていますが

スターバックスコーヒーはいつでも混んでいます

日本のパソコンの市場は冷え込んでいますが

アップルやマウスコンピューターは最高益を出しています
私も今、IPADが一番欲しいです




これらがなぜだかを考えることが

営業マンのこれからあるべき姿の正解に近づくような気がします

「お客様のニーズ」

もう一度

我々も含めた日本企業は考える必要があります


 

拍手[2回]

今度はマイナビで人材募集しています

実際の掲載に当たり写真をたくさん撮りました



それでまたCMを作ってしまいました!!

※ブラウザのJavaScriptをONにして、Flash Player9以上をインストールしてください。
Get Adobe Flash Player
※ブラウザのJavaScriptをONにして、Flash Player9以上をインストールしてください。
Get Adobe Flash Player

拍手[0回]

ただいま、人材を募集しております

現在までにご応募いただいたたくさんの方

本当にありがとうございます





正直、こんなにたくさんの応募が集まるとは予測して無かったです





私にできることは

一人でも多くの方と面接をすることだと思います




誠心誠意一人一人に私の考えを聞いていただいています




その中の何人かが、これから新しい仲間として一緒に働くことになります

人生の縁ってすごい偶然の積み重ねです


これから面接予定の方も

よろしくお願いします


 

拍手[1回]

先日は友人の店舗の朝礼に参加させていただきました

友人の店舗はセンチュリー21ベストランドといいます


千葉県で2位の会社ですのでうちよりもだいぶ大きいです

千葉県船橋市の飯山満というところにあります


うちから車で1時間くらいのところなので7:00に集合して出発しました

ベストランドさんには8時過ぎについたのですが

皆さん既に出勤されていました


挨拶が気持ちよく、礼儀正しい店舗でした
(ここら辺が千葉県2位の実力かも?)

朝礼の後、皆川社長と4人で(こちらは私含め3人)

2時間くらい時間をとっていただきました


皆川社長は建売住宅と注文住宅との違いなど

細かく説明してくださり

本当に有意義な時間でした


特にマンション中心だったわれわれには

初めて聞く話も多くて

大変参考になりました


少し写真を撮りましたので

紹介します


74fc4204.jpg










9e5d6c3a.jpg










6e9d892d.jpg










0f233601.jpg


←このトロフィーの数はすごいです







皆川社長からは



営業は技術よりも礼儀や挨拶が大事
それができていないとトップセールスにはなれない




など色々なことを教わりました




以前誰かが言っていた

社会人第一線で活躍する人間になるためには
どこかのタイミングで年間5000時間を仕事に費やす1年間が必要である
それが後の自分に対する自信になる


という言葉がこの人には当てはまりそうです


こういうモチベーションの高い人とこれからもお付き合いしたいです




ちなみに最近五反田にできた新しいラーメン屋にいってきました

豚とこむぎという店なんですけど


まあまあの店でした

7e29ad2c.jpg









最近自転車で通っているので

いろんな寄り道ができます


結構楽しいです

拍手[1回]

10月のセンチュリー21の首都圏の成績ですが




前年比で言うと

東京106%、神奈川126%、千葉92%、埼玉116%です

首都圏平均で111%なので売り上げは上がっています


成約の平均価格は2993万円で

これは前年比78%とかなり下がっています


売り上げが上がっていて、成約価格が下がっている状況です

つまり契約件数はかなり上がっています

レインズの中古マンション動向調査では

10月の契約件数の前年比は123.4%です

エリア別でも1都3県そろって2ケタ増です


ちなみに中古戸建て住宅も成約件数は123.3%の前年比です



話は変わりまして

毎年1年に1度センチュリー21ジャパン本部が開催する

「ジャパンコンベンション」というのがあります

1年間がんばった人がここで表彰されます

去年はうちから営業の小澤孝一郎が表彰されました

CIMG1940.JPG







今回は25周年、四半世紀という節目なので

いつもよりも大きな大会になるらしいです


ゲストは、センチュリー21イメージキャラクターのケイン・コスギさんと

工藤静香さんを予定しています



残りは、後1ヶ月強になってしまいました


全員で笑って来年を迎えられるようにがんばります


ちなみにラスターハウスは

12月29日から1月6日まで、冬期休暇とさせていただきます





 

拍手[0回]

先日センチュリー21東京地連の役員の忘年会がありました

私もセンチュリー21の東京地連の役員ですので参加させていただきました



熱海の”ほのか”という旅館でした


初めて行く旅館でしたけどすごくよかったです

ff0446d7.JPG









こういう高級旅館はやっぱりいいですね

お風呂も、露天風呂、岩風呂、洞窟風呂などたくさんあって楽しかったです


宴会も盛り上がってました

久しぶりに心から笑わせていただきました

車でご一緒させていただいた針木社長

私のブログを読んでるって言ってくれた川口店長

宴会を本当に盛り上げてくれた岩永社長

本当に楽しかったです


ありがとうございました


その他、最年少の私をいつも助けてくれる皆さんの優しさに

本当に感謝しています



また別の忘年会が控えていたりしますけど

これからもよろしくお願いします

拍手[0回]

来週から「はたらいく」で人材募集します



仲介営業経験者

今の評価システムに納得できていない方

反響の数に不満がある方

休日がまともに取れない方




どこの仲介会社も一緒だと思っていませんか?

まずは一度ご連絡ください


そして

ぜひご応募ください!

※ブラウザのJavaScriptをONにして、Flash Player9以上をインストールしてください。
Get Adobe Flash Player
br />


 

拍手[0回]

賃貸サイトができました


きれいにできたので弊社の社員も喜んでいると思います

今まではセンチュリー21のHPのみに公開していたものが

自社のHPでも公開できるようになりました





商売で言ったらお店を出したようなものです

ただ、インターネットの世界ではホームページを作るだけでは

お客様は来てくれません




ただお店を出したとしても

そこにお店があるのを気づいてくれないからです



お店ができたら



「そこにお店があること」



を広告しなくてはいけません





お店を出して看板とかを出していたら

もしかしたら通りがかる人が

そのお店に気づくかもしれません



しかしインターネットの世界では通りがかる人が気づくためには

SEO、SEM対策をしなければなりません

またはリスティングなんかもその手段の一つです





SEOやSEMとは

検索エンジン(YahooやGoogle)で検索したときに

すぐにそのホームページが現れるようにHPを最適化することです





私たちはJRの大森駅で賃貸マンションを探している人



賃貸マンションのオーナーさんで誰かに貸したい人のために

ホームページを作りました





これらの人たちは、検索エンジンで



「大森 賃貸マンション」

「大森 アパート」

「大森 賃貸」



というワードを入れて探すのかもしれません



そういったワードで探した人たちは

GoogleやYahooで1ページ目に出てきた会社で

問い合わせることが多いです



それがお店で言う「通りがかり」なのかもしれません





ではどうやって

「探している人たちが見つけやすいホームページにするか?」



それはこれから考えていきます
(ここでその方法を書いてしまうといろいろ弊害がありますので)






ちなみに弊社の売買のサイトは

今日までの1ヶ月で

約15000人

のかたが訪問してくれています

1日500人以上の方が見ているんです




毎月のお問い合わせは

150件以上

頂いております



弊社の営業マンは

それこそ朝から晩まで

お問い合わせいただいたお客様への資料を作成しています




これから賃貸のサイトも

売買サイトと同じくらい育てていかなくてはなりません




賃貸マンションを借りる方たちの問い合わせは

2月から急増します

それにあわせてホームページも分かりやすくしていかなくてはなりません




それでは!

(今日は少しぶっちゃけすぎました)
 

拍手[1回]

中古マンションの金額は売主様が決めます

もちろん相場を無視しては決めることができませんが・・・・・


中古マンション販売価格には、それ以外の事情も金額にかかわってきます

たとえば・・・・



1.すぐに売りたい、誰にも知られずに売りたい。

2.金銭的に余裕がある人で大事に使ってくれる人にだけ割安に売りたい

3.ローンの残高が相場の金額以上に残っている

4.購入時の金額より低くは売りたくない


上記4つはよくある事情ですが、

その他、たくさんの事情があり

中古マンション(一戸建ても)の流通価格はかなり変動します



上記1.2の場合は相場よりも安くなりますが

上記3.4の場合は相場よりも高くなります


もちろん現在の相場より安くても需要が少なければ売れません

現在の相場より高くても需要が高ければすぐに売れます
(こういう場合はしばらくすると相場は上がります)

皆さんの取引した事例が未来の相場を作っていきます



最近はポータルサイトなどが発達しているおかげで

お客様が最新物件流通情報を知ることができるようになりました





しかし、我々から見ていて

「割高、または割安」の物件も多数あります

相場で流通している物件は全情報の中の半分も無いと思います


私たちラスターハウスはセンチュリー21の中でも

インターネットに特化した店舗です



ですので

お客様が真剣に気に入った物件であれば

センチュリー21としてのその物件の評価

を出して差し上げるサービスを検討中です


だからといって

割高な物件の価格が下がるとは思いませんが

お客様に、できるだけ正確な流通価格相場

を提供することができるのであれば

面白いコンテンツになると思います!!


もちろん売主様にも活用していただいて

自分の財産が割安に評価されていないか

調べていただくこともできるようにします



今現在検討中の物件または

今現在販売中の物件は

相場より割安なのか割高なのか

知りたくありませんか?

拍手[2回]

藤田晋さんはご存知ですよね

言わずと知れた「ジャパニーズドリーム」です

アメブロのサイバーエージェントの創始者です




僕よりも年下なんですよね



でも共感できることがたくさんありました

ぜひ読んでみてください


be010549.jpg










 

「そもそも自分の上司の望むものすら汲み取ろうとしない人に、

  顧客の望むものを汲み取ることなどできるでしょうか。」



これは、自分が評価されないと思う

若手のビジネスパーソン向けのアドバイスの言葉です







他にも気になる言葉はたくさんありました

少し好きになりましたので紹介します





 

「同期と言うのは、ある種の幻想なのです。

入った時点で、既に個々のスキルの差は

やはり厳然としてあるのです。」





私もよくこれを考えていました

以前のブログにも触れました

私はスキルの差ではなくて意識の差と考えていますけどね



 
「会社でのレースで「脱落していく人」の順番を考えてみました。

1忍耐力のない人、
2目標設定の低い人、
3変化できない頑固な人。




これ、深いですよね・・・・・














「仕事でも何でも目標を立てるときは

ボトムアップで考えてはダメです。

自分の今の力から逆算して

このぐらいはいけるだろうと思って立てた目標は

プラスアルファがでてきません。」




低い目標を立てる人は多いですよね

達成感が欲しい人です

そういう人に聞かせたい言葉です










「何もしないことは、そのままリスクになります。」




以前、テレビで島田紳助さんが言っていました


「人生は60分のドラマと考えなくちゃだめだよ。

35歳から40歳(35分から40分)のときにどれだけ努力するかで

クライマックスは劇的に変わるんだよ。」








僕が、○○歳で死ぬときに


「自分の人生の転換期は30代後半だった。

あのときから人生は大きく変わったよ。」


振り返るとこんな風に思うかもしれないですよね















他にもたくさんあります


「自分の成果は上司の本当に望むものなのか確認しよう」

「経験を重ねてきた人ほど、得たものとと引き換えに失ったものを見直せ」

「平社員でもマネージメントの視点を」

「自己主張する部下ほど抜擢されやすい」

「アイデア出しはベテランの仕事」

「部下はもっと叱って(課題点を論理的に指摘して)もらいたがっている」

「(成功する為には)孤独と批判に強くなければいけない」

「効率より場数が能力を決める」

「ビジネスの場では若さを隠せ 」

「できる人より志の高い人とつき合おう 」

「ほどほどのモチベーションが継続のコツ 」

「目的がぶれなければ交渉は負けない 」 

「顧客第一主義に惑わされるな」





 





それでは

拍手[0回]

昨日、久しぶりに昔の仲間が訪ねてきました


彼は別件で、うちに用事があってきたんですが

たまたま私が時間があったので一緒にお茶を飲むことになりました



話題の中心は「転職」についてです



彼は、5年位前まで人材派遣の会社にいたので

彼は、当時と今の「企業の人材募集事情」
の違いを話し出しました



今の不動産業界は、特に求人がなく

30代の人間は苦労するとのことでした


もちろん、即戦力のフルコミッションの営業マンなら話は別ですが

大手などの福利厚生が充実している企業は

今は、よほどのことがない限り

未経験者は雇用したくないらしいのです







友人  「そういう現実をわかっていない人たちが面接に来ると

腹が立つときもありますよ!」






私は彼が怒っている理由がよくわかります




その理由を少し説明します


不動産業界は、比較的出世が早いです

これは離職率が高い会社によくあることです


会社にもよりますが

大体、半年~1年間の売り上げで出世したりします!!

つまり20代半ばで部下をもらったり

30代でその上にいったりもします


当然、彼らは
生意気になります(笑)





生意気ですが、会社を移ってもそれほど活躍できません


なぜかというと


半年や一年位での実績の評価で出世した人間は

単にその会社のルールの中で

うまくいっただけであり

本当の実力の持ち主ではないからです






転職するときに必要なのは

○ プライドを捨てること

○ 一から学ぶ姿勢を持つこと

○ 新しいその場所で実績を出すことに努力すること


この3つだと思います




それをわからないで

「私は25歳で年収1000万だったんだから
それなりの評価をしてほしい。」

「前の会社では部下を30人も預かっていた。
次の会社もある程度の役職からスタートしたい。」



口に出さなくても

不動産業界の30代の転職希望者は

こんな人ばかりみたいです






本当に実力があれば

すぐに次でも活躍できるでしょうし

役職もすぐに上がるでしょう



もしもその自信がないなら

素直に次の場所で活躍できるやり方を学ぶべきです








会社によっては

自分よりも年下に教えられることもあるかもしれません






もしそれがいやなら

今の会社を辞めないのが一番だと思います








おそらく私の友人の腹が立った理由はこんなところじゃないでしょうか?




私が、総合的に見て
(もちろん例外はありますけど)

30代になったら転職はやめたほうがいいです



それが成功できる能力の持ち主は

20人に一人

しかいません


もちろん自分がその一人だと胸を張って言える人は

どんどん転職してもかまわないです









しかし・・・・・・




20代ならできることが

30代ではできないことが多いです




新しいことを学ぶには

それなりの柔軟な考えが必要だということです






不動産業界でいうならば

30代の転職がうまくいっている人はごく一部です

自分が考えているよりも

世間の人はその人のことを必要としていないということでしょう




拍手[1回]

私が新入社員だったのは平成7年のことです

当時社員数が500人くらいの
中堅マンションディベロッパーの新入社員です

今考えると常識がなく
あまり優秀な社員ではなかったと思います

周りも今とはだいぶ違いました

1番違ったのはたぶん喫煙事情です

社内でお客さんと電話で話しながら
煙草を吸っていた上司がいたりしました



そんな中で私は営業していたからか
喫煙に関してはかなりルーズになっていました





ある日先輩と駅で待ち合わせをしました

そこから歩いて一緒にお客さんの家に商談に行くためです
(まだ新人なので一人では商談できなかったからです)

私は駅からお客さんの家に行くまでずっと歩きたばこをしていました
(すごくなめた新人ですよね)

その先輩は、すごく静かな性格の先輩なんですが
しばらくしてから私に言いました


もしお客さんがたばこを嫌いな方だったら、君のたばこのにおいを嫌がるから
ガムを買ってから訪問しよう。どっかお店を探そうよ。





先輩の提案はすごく常識的でしたが、当時の私は
めんどくさい先輩だな~
くらいに思っていました



今考えると私が本当に非常識ですよね

よく先輩も怒らないで教えてくれました



このディベロッパーの会社は社員の態度が悪ければ教育をする会社でした

たまには暴力をふるってでも改善させる
教育システムが導入されていました(笑)


そこに10年以上もいましたので

私の態度も、多少は改善されたと思います
(今でも自慢できるレベルではありません)


次の銀行系仲介会社では、誰も注意することはなかったです

私も特に誰かに注意することはなかったです





それはなぜか?






そこは企業であり
学校ではないからです




常識やマナーは自分で覚える事です

親切で注意して逆ギレされても不利益しかありません

先輩や同僚はライバルの立場であり
バカな仲間の教育係ではないのです

よく考えるとこちらのほうが普通の考え方です



たまに若い営業マンのかたで
ワイシャツの下に色のついたシャツを着ている人を見かけます
(弊社の社員でも以前いました)

白いワイシャツから透けて見えるのです

このような営業マンからは、3つの情報を得る事ができます




その1
常識やビジネスマナーを知らないこと

その2
ワイシャツから透けて見えることは自覚しているはずです
でも、(まぁ、べつにいいか・・)と判断したうえで着ていることから、仕事をナメていること



最後の一つは・・

その3
そのレベルだと注意しても理解できないです
無理に理解させるより
最初から理解した者と入れ替えたほうが簡単ということです



・・・・上記の理由からそういう社員はクビになる可能性が高いのではないでしょうか?


しかし、クビになった社員でその理由が分かる社員は皆無です

会社は人間教育をする場ではないのかもしれません




以上








 

拍手[0回]






やっと完成しました

きれいに出来上がったのに、営業部はすぐに書類でいっぱいになりました

数え切れない人たちがお花を届けてくれて、少し泣いてしまいました



改装前と改装後です



改装前

207b2eae.JPG











300e7443.JPG










fec6aa22.JPG















改装後

42039913.JPG









P1000863.JPG









P1000862.JPG








P1000861.JPG









P1000860.JPG









建築家さんってすごいですね

あっという間に仕上げてしまいます



これからもがんばります!!

拍手[0回]

今日は、明治座でお客様観劇会でした

お客様観劇会というのは

センチュリー21の加盟店のお客様をもてなす会です

みんなでチケットを買って明治座を貸しきります

東京、千葉、神奈川、埼玉のお客様を呼びます

売買のお客様というよりは

アパートオーナー様やマンションオーナー様を楽しませる会です


なんと、合計1800人のお客様が来場されました

09-06-16_001.jpg


←朝早くの集合です






09-06-16_006.jpg


←役員全員でお客様にご挨拶です







09-06-16_008.jpg



←1ステージ900人のお客様







f4fcd497.jpg





←劇はこちら








梅沢富美男さんと前川清さんの忠臣蔵だったんですけど

これが意外に面白かったです



演劇って面白いですね

特にお客様の層は50代以上の人が多かったですので

私よりももっと面白かったと思います




弊社で招待したオーナー様も大変喜んでいただきました

ラスターハウスの賃貸管理部門は

まだまだこれからなので

来年はもっとたくさんの大家さんが呼べるようにしたいです



09-06-16_012.jpg



←チケットは結構高いです、お弁当も豪華でした





それでは!
 

拍手[0回]

就職って大変ですよね


弊社も常に人材は募集しています

いろんな媒体で人材を募集しています

会社を立ち上げてから100人以上面接しました

その中で採用させていただいたのが8人です

その中で数人、既にやめてしまった社員さんもいます




現在も募集は続けていますので

大体1週間に3人くらい面接しています

以前と違って「タウンワーク」なんかで募集すると

50人以上面接希望の方から問合せが来ます






今週の「PRESIDENT」でも特集されていたように

今、自分のキャリアを生かした職場を探そうと思ったら

本当に大変みたいです


特に今、年収が1000万くらいある社員さんは

これから自分の年収をあげるすべがありません


必死に役員になるまでがんばるか

早期退職して割り増しの退職金をもらうか

会社に苛められながらこのまま耐えるか


この3択でしょうか?


リーマンショックで景気が下がった
外資系銀行員たちの特集もやっていました

それぞれ悲惨な結末です


当時、リーマンから野村に移った社員も既に何人かやめています

平均年収4000万ですよ

それでも辞めるのは、よっぽどのことですよね


一般的に現在36歳以下の人の人件費って

どの企業も安く押さえてるらしいです


36歳以下で年収が1000万円を超える人はすごく優秀な方です

このかたがたが就職した当たりから

いわゆる「ワークシェアリング」が始まりました

正社員ではなく派遣社員に仕事をやってもらうという形です





正社員の年収を上げると下げるのが大変です

残念ながら今の制度だと派遣は簡単に切れます




逆に37歳以上で1000万円を超える方はリストラ要員です



当たり前の話ですが

企業の利益が伸びている会社には関係のない話ですが

そんな会社はほとんどありません

少なくても上場企業には皆無です


会社の利益が上がっていないのに

自分の年収は下げないで欲しいっていうのも無理な話です



話は戻って面接の件です

皆さん必死に今までの会社で結果が出せなかった理由を訴えてきます


希望の部署以外に配属された

収入が下がった

一生の仕事ではないような気がしてきた

などです


最初は興味深く聞いていましたが

100人以上も面接していると

その中のうそ偽りも見えてきたような気がします



面接の場合、最初のインスピレーションでほとんど決まります

少なくても私はそうです



弊社で働いてくれている社員さんは全員そうでした

悩んだ人は採用していません

どういう人かというと


お客様から印象がよさそう

会社の目的をきちんと理解している

がんばることに集中できる人


この3点です



我々はプロフェッショナルですので

知識に関しては教えることができます


ただ、この3点に関しては

時間や教育では改善できないような気がします


たくさんのお客様に対して

これからもラスターハウスが対応していくためには

まだまだ人材が必要です


一緒にがんばってくれる方はこれからも募集していきたいです




それでは!

拍手[0回]

本日2度目の更新です

春のセールスラリーの写真だけアップしておきます

今回は「ヒルトンホテル東京」でした



ゲストも結構な有名人が来ていて

料理もおいしく

弊社の営業マン(安藤君)も表彰され

いいセールスラリーでした


それでは写真です




f5dac47a.JPG








44099c9e.JPG








2536230f.JPG








8ee75efa.JPG











それでは!

拍手[0回]

お客様第一主義って最近多いですよね

センチュリー21でも「お客様第一主義」は

ブランド理念の一番初めに掲げています




最近、少し思ったのが

営業マンのほうがこれを少し勘違いしているような気がします


確かに「お客様のために上質なサービスを行う」ことは大切です

ただ、お客様も消費者の一人であるという考えも同時に持たないとだめです




今からお話しするのは友人の会社で起った本当の話です


ある日に友人の仲介会社に物件の問合せしたお客様がいました

30代のご夫婦でした

こちらのご夫婦を野村さん(仮称)とします

問い合わせていただいた物件は

ちょうどその会社で媒介を受けているマンションでした


そのマンションの売主様は高齢のご夫婦です

こちらのご夫婦は田中さん(仮称)とします

長男が、家を建替えて一緒に住もうといってくれたので

田中さんはマンションを売却して一緒に2世帯住宅に住む予定です

マンションの売却資金で建替え費用の一部を捻出する予定でした

売主である田中さんは「マンションの売却価格はできるだけ安くていい」とのことでした

新しく家を購入する方が少しでも負担が軽くなるならこちらもうれしいとのことです

田中さんのお人柄がうかがえます

営業担当は相場よりもかなり安くその物件をお預かりさせていただきました

その営業担当は「鈴木くん」とします

そしてインターネットで公開したところ、問い合わせていただいたのが野村さんでした


双方のご都合をあわせて内覧をしたところ野村さんは大変気に入ったみたいです

早速会社に戻り、銀行の融資の話や契約の手続きの説明をさせていただきました

その時の会話です

野村氏 「値引きはどれ位してくれるの?」

鈴木君 「えっ?こちらの物件はかなり相場より安いかと思いますが・・・・。」

野村氏 「中古なんだから300万円は引いてくれてもいいと思うんだけど!」

鈴木君 「う・・・、売主様に聞いてみます。」

野村氏 「その値引きが通ったらすぐに契約するよ。連絡ください。」

鈴木君 「分かりました。後日連絡します。」


こんな感じだったと聞きいました


営業担当の鈴木君は売主様である田中さんに野村氏の意向を伝えました

一瞬、ご主人様の表情が変わりました。

田中さんご主人 「相場より低くしてもやっぱり値引きされちゃうんだね。」

鈴木君 「す、すいません。お気持ちは頂いているのですが・・・。」

田中さんご主人 「まあうちのがなんて言うか分からないですけど、
鈴木君に迷惑もかけられないしその値段でいいですよ。契約を勧めてください。」

鈴木君「あ、ありがとうございます」


鈴木君がその話を野村さんに伝えると野村さんはあまり喜んでいませんでした

野村さん 「もう少し値引いてくれないのかな?300万は少なく言い過ぎたかな?」

と言っていました

鈴木君は再度相場を説明して、何とか納得していただきました

話し合いの末、契約は3日後になりました


しかし契約の前日、田中さんの奥様から電話がありました

用件は「なぜこんなに安く売らなければならないのか?」ということでした

田中さん奥様は、営業担当の鈴木君に

「どうしても納得できない」と30分も文句を言ったそうです

ただ、鈴木君もがんばっていたので最後には
”分かりました”と言って電話を切りました

鈴木君は奥様が納得していない気持ちがよく分かりました


契約当日のことです

売主である田中さんは約束の15分前くらいに来ていましたが

買主である野村さんが30分くらい遅刻してきました

しかも田中さんにお詫びの言葉もありません

営業担当の鈴木君が申し訳なさそうに重要事項の説明を始めようとすると

田中さんの奥様が泣き出しました

価格交渉に納得いかなかったことと
無礼な態度に腹が経ったことが同時に出たんだと思います

田中さんご主人 「鈴木君、申し訳ないけど今回の契約はなかったことにしてくれ。
妻をこんな気持ちにさせてまで契約したくない。」

そういって立ち上がっていきました


残された鈴木君と野村さんはしばらく言葉がなかったそうです




我々のように利益相反する立場のお客様を同時に接客する場合
このようなことは注意する必要があります

どちらかだけを神様のように扱うことが本当のサービスではないような気がします




 

拍手[1回]

お客様の動きがすごいです


4月の終わりから5月にかけてお申し込みの数が多いんです

弊社だと通常の月は売買部は7,8件の契約なんですが

今月は、売買部だけで倍以上の契約件数になりそうです


09-05-16_001.jpg












世の中に何があったんでしょうか?

接客している我々がこの好調の原因が分かりません


しかし問い合わせがあるのは3000万円台までですね

5000万円越えの商品はあまり動かないです




それとは正反対に、賃貸のオーナー様はお困りの方が多いです

我々もがんばっているのですが

どうしても空室が目立ちます


特に店舗、事務所は状況が悪いですね

このまま続くなら少し条件交渉も必要かもしれません




だけど我々を頼ってきてくれているオーナー様にお応えしたいので

どんどん紹介していきたいと思います

拍手[0回]

実は新しい店舗を探しています

理由は今のお店では営業マンが座れないからです(笑)


ラスターハウスの営業マンは背が高いです

3人が180cm超えています!!






その背の高い営業マンが

横幅1mくらいのデスクでがんばっています

お客様の契約書なんかを作っているときには可愛そうです

何がなんだか分からないくらい書類が山盛りです







いくつか、いい事務所の候補はあったんですが

広すぎる、狭すぎる、高すぎる、遠すぎる

などの条件で見送っていました





それから「不動産会社はちょっと・・・
なんて断られ方もしました



なんか前に嫌な思い出でもあったんでしょう

こういう意見があるということは
まだまだ不動産会社の地位も上がりませんよね




約束を守らなかった

うそを言った

いい加減な性格




大体不動産の営業マンが嫌われる理由は上記の理由です


センチュリー21の本部のアメリカでは

不動産会社の社員の地位は弁護士や医者並に高いそうです

こういう社員がいるうちはとても追いつけません





話を戻しまして

今の借りたい事務所候補は



うちから歩いて30秒の2階の店舗と

うちから歩いて1分くらいの4階の事務所です




しかしどちらも帯に短したすきに長しです



そんな事を考えていたら

前にうちが断られたオーナーさんから電話がありました

もう一度検討してもいいよ!



いやー世の中いい人もいるもんですね

家賃は以前よりも上がってしまいそうですが

もしは入れるなら理想に近い事務所です



新しい事務所に引っ越した際には

みんなに大きなデスクを買ってあげたいです

拍手[0回]

少し人数が増えてきました

全員が出勤すると座るところがありません



早く大きな事務所に引っ越したいです

なかなかいい店舗ってないのですが・・・・・




というのも理由のひとつなんですが

5月はとりあえず定休日無しでやってみます


不動産会社は水曜日の定休日というのが多いのですが

意外と一般のお客様はその事を知りません



水曜日にも来店のお客様や電話の問合せのお客様がおります

そのお客様たちに少しでも対応できれば・・・・

と、思っています





そういえばもうすぐ春のセールスラリーです

セールスラリーというのは

2,3,4月という不動産繁忙期に

どれだけ売り上げが上がったか、というのを東京都全体で競います



東京には約200店舗のお店がありますので

かなり盛大なパーティーになります


もちろん同時期に千葉、埼玉、神奈川、その他全国で

同じようなパーティーは行われます



会場は今回は「東京ヒルトンホテル」です


ゲストは織田雄二さんのものまねで有名な
「山本高広さん」

もと柔道オリンピック金メダリスト
「吉田選手」

です



結構盛大な宴会です



センチュリー21では、こういうイベントが年に何回かあります




私、結構楽しみなんですよね




それでは

拍手[0回]

ゴールデンウィークって忙しいですね



別にお客さんがGWだから着ているというわけではないのですが・・・

次から次にお客さんが来店されます



非常にありがたいことなんですが

なかなか途切れませんので

お昼が食べられません


しかも皆さん真剣ですし・・・・・




でもよくよく話を聞いてみると

「いつも見ているけどなかなか店内に入るきっかけがなかった」
らしいです




じゃあなぜ今日は来店されたのかと聞くと




「店内が急がしそうで活気があったから」
だそうです




だから忙しいときには来店のお客様が多いんですね

我々は大変ですけど・・・・・




今週末からまた大型の連休になりますので

来店のお客様に来ていただくように

忙しくしてお客様をまとうと思います

拍手[0回]

私の前職は銀行系仲介会社だったんです

その会社が、この3月にかなり大きな赤字を出しましたと聞きました



まあ不況ですからね

大手仲介もダメージを受けています


おそらく、所長、支店長は

上からかなり圧力をかけられていると思います

閉鎖する店舗も多いみたいですね






ただ、所長や支店長の責任って何でしょうか?







社員のモチベーションをあげられなかったこと?

目標数字を達成できなかったこと?

時代にあった作戦を立てられなかったこと?





それって本当に所長や支店長の責任ですか?

100年に一度の大不況ですよ

減給なら分かりますが

それを理由にリストラというのは分かりません




それは経営責任です

代表や取締役にしか責任はないと思います
(個人的には)



所長、部長などにいくら問い詰めても、会社はよくなりません




ただ、悪いときの責任がないのであれば

いいときの功績も本人には帰属しないですね




今、大手不動産仲介の管理職についてる方の年齢は

40台半ばから50台でしょうか?

ちょうどバブルの真っ最中に20台を過ごした人たちですね







彼らは過去の経歴を部下に話します




「俺は君と同じ20代のころ、30億の土地の売買を3回繰り返して
○億の仲介手数料をもらったことがあるよ!」

「5億の戸建の売却の依頼を受けて
3日で売った事あるよ」

「どの業者も90億までしか出せなかったマンション用地を
110億出せるデベに買わせたことがあるよ
まあ、最後は人脈だよ
今は、倒産しちゃったけど」



これらの業績によって

主任、係長、課長、部長、所長、支店長

と昇格していった人たちのことです


平成17,18年のミニバブルも同じです

ここで昇格した人や

莫大な利益を上げた人たちも多いです




これらの人たちは実力で昇格したわけではありません

しかし自分の実力を過信している人が多いです

その割りに今回のような不況に数字を出せないのも
自分のせいだとは思っていません




まあそういう人たちが生き残れるのも大手だけですよね




ちなみに前回でも言いましたけど

エンドユーザーの購入する案件は増えています

東京は前年同月比121%ですので







ただ大手仲介会社の得意とする10億以上の案件の動きは
ほぼなくなっています



そろそろ大手仲介もあぐらをかいていないで

エンドユーザーに目を向けて

1億未満の不動産に力を入れたほうがいいと思います

拍手[0回]

プロフィール
HN:
大森で働く社長
性別:
男性
職業:
不動産仲介会社経営
趣味:
バイク、パソコン、ゲーム
バーコード
カレンダー
09 2017/10 11
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31
カウンター
最新CM
[03/31 トラジ]
[02/10 匿名希望]
ブログ内検索
アクセス解析
Copyright © 大森で働く社長ブログ All Rights Reserved.
Powered by NinjaBlog  Material by ラッチェ Template by Kaie
忍者ブログ [PR]